地域福祉活動について知りたい

ホーム 事業紹介 地域福祉活動について知りたい

第2次地域福祉推進計画の推進

第2次地域福祉推進計画(愛称:つながりふくしプラン)は、5年間(平成23年度から27年度)の宍粟市の生活や福祉面での課題を抽出、分析し、宍粟市での地域福祉を根付かせるための行動計画です。社会福祉協議会として進めていくべき方向性やそれらを具体化した取り組みをまとめています。

第2次地域福祉推進計画を進める会の設置

*

本計画を着実に推進し、地域福祉活動の活性化を図るため、「第2次地域福祉推進計画を進める会」を設置しています。計画の進捗状況を把握するとともに、成果や達成度、問題点などを話し合い、次年度への改善策を検討しています。そして、本計画推進期間の中間年にあたる平成25年度に中間評価を行い計画の見直しを行いました。

役職員業務研究会の設置

*

宍粟市社協では、理事と職員が4つの班に分かれ、第2次地域福祉推進計画であげている重点事業を推進するため調査や研究を進めています。

支部地域福祉推進委員会の設置

支部運営活性化のため、多様な福祉活動を進める組織、団体、ボランティアなどのネットワーク組織として「支部地域福祉推進委員会」を設置し、各支部の地域福祉の推進について協議しています。各支部の独自性を発揮するため、それぞれの支部での活動方針や地域福祉活動を明確にし、支部運営の活性化を図っています。

支部地域福祉推進委員会の開催

*

委員会は、支部ごとに15名以内の委員で組織され、年3回程度開催しています。委員それぞれの立場から、支部の地域福祉推進について意見をいただき、善議銀行預託金の活用方法や、支部かわら版の発行など、「支部発の福祉活動」を進めています。

支部かわら版の発行

*

支部地域福祉推進委員会で編集委員会を設け、支部域で行われている小地域福祉活動やボランティア活動などの紹介をはじめ、地域に密着した話題など、記事の検討や取材、執筆などを委員と職員で分担し作成しています。各支部年間2回発行します。



小地域福祉活動の推進

地域住民のだれもが「だんのらしのあわせ(ふくし)」を実現できる地域づくりをめざして、自治会や隣保など身近な地域での住民同士の"つながり"のさいこうちく(顔が見える関係)や、生活の中でさまざまな困りごとや不安を抱えている人を"支え合う"、住民レベルでの「見守り活動」です。

福祉委員の設置

*

小地域福祉活動の要となる「福祉委員」は、福祉活動を進めていく上での「世話役」「まとめ役」です。自治会の隣保数を基本に選出され、自治会内のニーズ(困りごと)の把握をはじめ、交流活動(ふれあい喫茶等)への参加の働きかけや、民生委員児童委員など福祉関係者との連携(福祉連絡会への参加)など、福祉活動のリーダーとして活動しています。

自治会福祉連絡会活動の推進

*

自治会全体で福祉のまちづくりを進めていくために、自治会の中に小地域福祉活動を担う組織=福祉連絡会(ネットワーク)の設置を進めています。福祉連絡会の組織は自治会を単位とし、福祉委員、自治会長、民生委員児童委員、民生児童協力委員、女性会老人会、ボランティアなど、みなさんの地域の見守り活動を進めていく住民がメンバーです。

ふれあいサロン・ふれあい喫茶の活動支援

*

レクリエーションを取り入れた健康増進や機能維持を目的とした「ふれあいサロン」や、お茶を飲みながらおしゃべりを楽しむ茶話会的な「ふれあい喫茶」など、福祉連絡会やボランティアが中心となり、住民同士のつながりの場づくりや、高齢者の閉じこもりを予防することを目的に、市内各自治会で取り組まれています。

活動機材等の無料貸出

*

宍粟市社協では、市民の皆さまからお寄せいただいた善意銀行の預託金などを活用して、自治会のイベントや行事、ふれあいサロン・喫茶などで気軽に楽しめる室内ゲームや遊具等の無料貸出をしています。また、福祉活動に関する相談や助言など、みなさんの活動のお手伝いをしています。

  • 第2期モデル地区指定事業の実施
  • 見守り活動リーフレットの配布
  • 福祉委員等研修会の開催
  • 住民福祉座談会の開催
  • ご近所ボランティア活動の実施